二重窓(二重の窓ガラスとサッシ)って何?

寒さが生んだガラス

窓ガラス

都市部でも使われるようになった二重窓

「二重窓」とは別名「二重ガラス」や「内窓」とも呼ばれ、窓ガラスとサッシを二組ずつ窓枠に取り付けて、外側の窓に加えて密着性の高い内側の窓で外からの冷気をブロックするという、断熱効果を高めた窓(断熱ガラス)のことです。また、エアコンによる冷暖房熱の屋外への流出、夏季の屋外からの日射熱(太陽熱)を抑制するという機能を持っています。寒冷地である北海道や東北地方などでは昔からごく一般的に使われてきたのですが、近年の省エネ・節電対策に対する関心の高まりや、防音にも有効なその機能性から都市部でも広く利用されるようになり、東京や大阪のガラス修理の際にも活躍しています。二重窓にはさらに、結露の発生を抑制できるという利点があり、複層ガラスと組み合わせて断熱機能をよりアップさせる事、防音性を高めることも可能になっています。 最近では、取手と鍵が一体化していて、「窓を閉める」という動作と「鍵をかける」という一連の動作を一息で行える、「戸先錠仕様」というタイプのものが販売されています。また、この二重窓はその名称から、常々「ペアガラス(複層ガラス)」と混同されがちなのですが、「ペアガラス」とはガラスの構造自体が複数のガラスで構成されているガラスの事であり、二重窓とはまったくの別物です。

Copyright(c)2014 二重窓って何? All rights reserved.